遍路ペディア 写真館 情報館

 


四国八八ヶ所遍路の旅・番外編、和歌山・高野山


高野山(こうやさん)は、和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に
囲まれた標高約800mの平坦地に位置する。平安時代の弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から
空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つである。
現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は
高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)、大本山宝寿院のほか、子院が117か寺に及び、
その約半数が宿坊を兼ねている[1]。 2004年(平成16年)7月7日、高野山町石道と金剛峯寺境内
(6地区)、建造物12件が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの
世界遺産に登録された[2]。さらに2016年(平成28年)10月24日、高野参詣道
(町石道を含み登録名称変更)として黒河道、女人道、京大坂道不動坂、三谷坂が世界遺産に
追加登録された。

      ウィキペディアより引用しています

高野山の名所

壇上伽藍(だんじょうがらん)

高野山のシンボル、朱色の根本大塔がそびえたつ壇上伽藍は奥之院とともに高野山の
2大聖地として信仰されている場所であり、弘法大師空海が山上に伽藍建立の手を入れた
最初の地でもあります。





   
 
 

みんなの写真館へようこそ!
四国八八ヶ所遍路の旅・番外編、京都・東寺です。






皆様の京都・東寺の写真を掲示板に貼ってください。

各札所のページに反映されます。(手作業ですので10日前後)

写真を貼ってもらったかたにはオリジナルホームページを用意します。


使用料金、作成料金などは

・・永代無料です。


スポンサー様のサービスで作成されます。




お遍路の機会には是非、ご利用ください。




   
 
 

みんなの写真館へようこそ!
四国八八ヶ所遍路の旅・番外編、京都・東寺です。





皆様のお遍路中の情報を掲示板に貼ってください。

各札所のページに反映されます。(手作業ですので10日前後)

写真を貼ってもらったかたにはオリジナルホームページを用意します。


使用料金、作成料金などは

・・永代無料です。


スポンサー様のサービスで作成されます。




お遍路の機会には是非、ご利用ください。